【プレミアム】妊娠・育児で悩む主婦に寄り添うNo.1メディア「ココマガ」から学ぶ、成果に繋がるコンテンツと広告の作り方(5) FavoriteLoadingあとで読む

: 高田 信宏
篠原さんが記事と真摯に向き合う姿勢は、最も有効で、かつ地道なコンテンツ・マーケティング正攻法といえます。記事を量産することに重きを置いたメディア運営は、自ずとライティングの質を下げがちですが、なぜそのメディアを続けるのか、ウェブ担当者として向き合う本質はなにか、を最後にうかがうことができました。

【プレミアム】妊娠・育児で悩む主婦に寄り添うNo.1メディア「ココマガ」から学ぶ、成果に繋がるコンテンツと広告の作り方(5)

目次

「まず、やってみる。次に、継続。」
メディアを成功に導くための正しいコンテンツとの向き合い方

続きはプレミアムメンバー限定(有料)です。


プレミアムメンバーとは

高田 信宏
この記事を書いた人: 高田 信宏

NPO法人クリエイター育成協会 理事/東京マネージャー
ワットエバーロング株式会社 代表取締役
デジタルハリウッドSTUDIO渋谷 Webディレクション講座 講師
Webマーケティング企業に入社しSEOディレクターとして活動後、IT教育企業に転身。Webマスター兼講師として、各種サイトの運営管理を行う傍ら、講義やセミナーを通して、デザインとマーケティングの両極からの視点を伝える教育に励む。
著書:『デザイナーのためのプロの制作術が身につく Webディレクションの教科書』(共著、SBクリエイティブ社)


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください