CTRは大事。2016年秋GoogleSEO研究結果レポート FavoriteLoadingあとで読む

: ウェブ担当者通信事務局
最新のSEOを知っておきたい人へ。サイバーエージェントによるGoogleを研究結果では検索結果のCTR(つまりタイトルがキャッチーである)とサイト滞在時間が長いことが関連してそうです。

ads

画像:Pixabay

サイバーエージェント社がGoogleを研究した結果、SEOに関連しそうなテクニックをピックアップしています。主に下記が述べられています。

現在のGoogle目線で大切なこと

  • 検索結果ページのクリック状況(CTR)が良い
  • ユーザーの滞在時間が長い
    • コンテンツ量が多い
      →検索者の求める情報を網羅し画像によって惹きつける工夫をする
    • レスポンスが早い
      → CSSとJavaScriptを軽くし、PageSpeed Insightsによる改善を徹底する

ユーザー目線で大切なこと

  • 短いコンテンツはユーザー評価が低い
  • 画像が少ないと評価が低い
  • 語彙が多いと評価が高い
  • 文章調であるほうが評価が高い

これはウェブ担当者通信事務局の感想ですが、上記はやはり関係があると感じますし、上記にないところだとフリー画像よりもオリジナル画像を入れることも効果があると感じています。これが滞在時間に関連するためか、他の要因かはわかりませんが、Googleには画像検索もあるので、画像にこだわるというのもSEOの大切なポイントだと思います。

しかし大切なのは本記事の冒頭で「SEO対策が面白くなくなってきている(つまり特効薬がない)」と述べられていることです。

Googleはユーザーのために日々進化しており、現在評価している項目は永遠ではありません。今後も進化を続けることが予想されますので、ユーザー目線で大切なことをしっかり抑えていきたいですね。

SEO、楽しいですか? 実データに見るSEOとUXの関係性と対策 -ウェブ担当者フォーラム

ウェブ担当者通信事務局
この記事を書いた人: ウェブ担当者通信事務局

「ムダな情報で頭脳を消耗することなく考える時間を確保する」
ウェブのノウハウだけに限らず、広告やマーケティング全般の知識、時には組織論や時事に至るまで、最先端や未来予測などみなさんにとって本当に必要な情報だけをお届けします。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください