記事一覧NEXT

GoogleのVR対応の連作ビデオ(YouTube)。モデルのクローゼットに侵入

VRや動画での訴求に興味のある方へ。Googleは自社のVR端末Daydream用の仮想現実ビデオシリーズで、人気コンテンツを探ろうとしています。今回はスーパーモデルのクローゼット紹介。動画の可能性について確認できるビデオです。

最近目にするロボティクスプロセスオートメーション(RPA)とは?

オートメーションに興味がある方へ。AIはほぼ毎日ニュースで目にしますが、ロボティクスプロセスオートメーション(RPA)も見かけるようになってきました。ロボティクスプロセスオートメーション(RPA)とは?AIと何が違うのか?について元記事ではまとめられています。

ECの近未来をユニクロ柳井さんインタビューから読む

ECサイトを運営している人へ。ユニクロの柳井さんから学べることがたくさんあるかもしれません。記事ではユニクロの柳井さんが物流を重視していること、また情報製造小売業になる事に触れられています。

「Yahoo!カテゴリ」サービス終了でディレクトリ型検索が終わる

昔からSEOに取り組んできた方へ。Yahoo!カテゴリーのサービスが終了します。初期からSEO対策に取り組んできた方には時代を感じてしまうニュースでした。

マネジメントにも技術力は必要。モブプログラミングのメリットとは?

プロジェクトマネジャーの方へ。世界は「技術力」の重視に向かっておりマネージャーも最新テクノロジーの知識が必要です。元記事ではアジャイル界隈で話題になっているモブプログラミングのメリットについても書かれています。

Google アシスタント、ユーザーがお話しする相手は「グーグル」

Google アシスタントが気になっている方へ。Android 6.0 または 7.0 のスマートフォンで利用できるようになった日本語版「Googleアシスタント」。元記事はGoogle アシスタントの開発者インタビューです。

ジャーニーマップが、今後の技術投資の指針であり、答えです

Adobeによる「DXP」第一人者へのインタビュー記事です。DXPはなにか、という用語に興味を持って読み進めると、デジタルマーケティング全盛の時代に起きている課題と、その先に向かうべき指針が細かく言及されています。

AIに敗れた人類最強の囲碁棋士カ・ケツの涙

AIに興味のある人へ。とうとう人類最強の棋士、19歳の中国の柯潔(カ・ケツ)がGoogleの人工知能開発チームDeepMindが手がけるAlphaGoに敗れました。記事ではAlphaGoの引退を伝えています。

IoTデータ売買市場が2020年に日本に登場

データ売買に興味がある人へ。日本では裏取引になりがちなデータ売買ですが、製造業、IoTに関しては欧州に先駆けて市場を作ろうとしています。 しかし課題は山積みのようです。

Facebook「F8」、Google「Google I/O」から見えてきた2017年のキーワードとは?

テクノロジーが進化する中で何を考えたらいいか困っている方へ。元記事では、Facebook「F8」、Google「Google I/O」から見えてきた2017年のキーワードは「声や対話型のインターフェース」と「カメラによるARコンピューティング」と書かれています。

Amazonが年内に米国No1のアパレル小売になる?

ECサイトの未来に興味のある人へ。アマゾンの戦略予測が語られています。有料会員向けの情報ですが、コメント欄にはZOZOTOWNの前澤さんのコメントなども掲載されていて面白いのでそこだけでも読んでみてもよいかも知れません。

中国で急速に進むスマホ決済

他国情勢に興味のある方へ。中国では乞食もQRコードで寄付を募っているという衝撃の写真が紹介されています。

Googleのフェイクニュース(偽ニュース)対策とは

SEOとGoogleの最新動向が気になる方へ。Googleが「評価方法の改善」と「検索アルゴリズムのアップデート」を実施しました。その理由のひとつがフェイクニュース(偽ニュース)対策。

角川アスキー総研が4/28緊急開催!マストドン会議

マストドンに興味がある方へ。ここ10日の間で急激に日本の登録ユーザー数、インスタンス数を増やしているマストドン(Mastodon)。一過性のブームで終わるのか、それとも成長するのか。角川アスキー総合研究所がマストドンの活用を始めている人を集めて「マストドン会議」緊急セミナーを開催します。(参加受付終了しています)

ほぼ日糸井さんが上場一ヶ月目で考えていること

息抜きに。バランスを取った企業運営の模索が、ひらたい言葉で深く語られています。

ロボネコヤマトが自動配送の実験を開始

ECサイトに関わる人へ。自動配送のロボネコヤマトが神奈川県藤沢市で実験開始です。話のネタに

人工知能バズワードブーム

人工知能バズワードブームの現状を把握してビジネス活用を考える

AIが騒がれている今、ビジネス活用を何か考えないといけないんじゃないかと焦っている方へ。ほぼ毎日何かのニュースで「人工知能」の文字を目にします。そのニュースの実態と現状を把握することからまず始めましょう。

40年後の生産人口は、40%減少して約4500万人に

マーケティング担当者へ。日本の将来(約40年後)の市場は40%減少。市場規模を知っておきましょう。

GE、マイクロソフトなど巨大企業が次々に物理学者を採用

データ分析をする人材がいないと困っている方へ。GE、マイクロソフトなどシリコンバレーにある巨大企業が次々に物理学者を採用しているそうです。その理由は物理学者はデータをうまく扱う方法を知っていることと、ソフトウェアエンジニアリングの変化。

2017年秋頃にAmazonが法人向け通販を開始か?

アスクルが気になる人へ。アマゾンジャパンは今秋にも、企業のオフィスや工場、病院などで使用される各種の消耗品や商材などを販売する法人向けの専用通販サイトを新設するようです。記事では米国で先行しているアマゾンビジネスの概要なども紹介されています。

人の気持ちを動かすためなのに数字の話ばかりしていませんか?

広告効果が上がらないと悩んでいる方へ。ネット広告がウザいと言われ続け、なかなか効果にもつながらなくなってきています。そんなネット広告の"文化"を見直すときかも、と書かれています。

アップルが次に狙うのはAR。2024年には18兆円規模の産業に

次期戦略を考える人へ。アップルはAR技術が今後の肝だと言っているようです。記事ではAR市場の可能性について触れられています。

【海外】定額でテレビ内容をそのまま放映。YouTube TV

海外のトレンドを抑えたい人へ。YouTubeでテレビが見れるように。日本にも数年後にやってくる可能性がありますが、日本の事情は特殊でAbemaTVもありますし海外企業は苦戦するのでどこまで実現できるかわかりません。

吉本興業「本気でSNS市場をとりにいく」に込められた必然的な戦略

吉本興業発、芸人をフルに起用したインフルエンサーマーケティングを、会社として実施することを発表。

スマホシフトとレイアウトとデザインが情報の印象に与える影響

日経新聞アプリの紙面ビューアーと電子版を比較して、レイアウトとデザインによって情報に対する印象が変わる、という考察記事です。分かりやすくておもしろい内容です。

郵便局で格安スマホ販売。2月24日から全国へ

スマホの市場シェアが気になる方へ。郵便局で格安スマホ販売、全国に拡大へ。IIJと日本郵便が協業して販売していきます。

【プレミアム】未来はすでに来ていた!ウェアラブル業務活用事例と企業間コラボ(4)

10年以上前からウェアラブルデバイスの業務利用に着目し開発を続けてきた村田機械株式会社。マテハン分野において世界規模の売上を誇る村田機械がなぜウェアラブルに取り組んだのか?ウェアラブルの「今」を聞いてきました。全4回連載の最終回は「ふたたび脚光をあびるSCM。ECや小売は「物流に勝機あり」」です。

【プレミアム】未来はすでに来ていた!ウェアラブル業務活用事例と企業間コラボ(3)

10年以上前からウェアラブルデバイスの業務利用に着目し開発を続けてきた村田機械株式会社。マテハン分野において世界規模の売上を誇る村田機械がなぜウェアラブルに取り組んだのか?ウェアラブルの「今」を聞いてきました。全4回連載の3回目は「新規ビジネスは市場のパイを一番に考える。得意分野で顧客に新しい価値を提供」です。

テクノロジーを「ひと」のために -アクセンチュア調査レポートより-

毎年アクセンチュアがまとめている調査レポート「テクノロジービジョン」。2016年は「主役は”ひと”」。2017年は「”ひと”のためのテクノロジーの出現を予測」。テクノロジーがどう世界を変えていくのか?わたしたちにどう影響してくるのか?これからを語るネタのひとつとして読んでおきましょう。

【プレミアム】未来はすでに来ていた!ウェアラブル業務活用事例と企業間コラボ(2)

10年以上前からウェアラブルデバイスの業務利用に着目し開発を続けてきた村田機械株式会社。マテハン分野において世界規模の売上を誇る村田機械がなぜウェアラブルに取り組んだのか?ウェアラブルの「今」を聞いてきました。全4回連載で2回目は「ARとVRの違いとウェアラブル業務活用に至るまで」です。