記事一覧NEXT

人工知能バズワードブーム

人工知能バズワードブームの現状を把握してビジネス活用を考える

AIが騒がれている今、ビジネス活用を何か考えないといけないんじゃないかと焦っている方へ。ほぼ毎日何かのニュースで「人工知能」の文字を目にします。そのニュースの実態と現状を把握することからまず始めましょう。

40年後の生産人口は、40%減少して約4500万人に

マーケティング担当者へ。日本の将来(約40年後)の市場は40%減少。市場規模を知っておきましょう。

GE、マイクロソフトなど巨大企業が次々に物理学者を採用

データ分析をする人材がいないと困っている方へ。GE、マイクロソフトなどシリコンバレーにある巨大企業が次々に物理学者を採用しているそうです。その理由は物理学者はデータをうまく扱う方法を知っていることと、ソフトウェアエンジニアリングの変化。

2017年秋頃にAmazonが法人向け通販を開始か?

アスクルが気になる人へ。アマゾンジャパンは今秋にも、企業のオフィスや工場、病院などで使用される各種の消耗品や商材などを販売する法人向けの専用通販サイトを新設するようです。記事では米国で先行しているアマゾンビジネスの概要なども紹介されています。

人の気持ちを動かすためなのに数字の話ばかりしていませんか?

広告効果が上がらないと悩んでいる方へ。ネット広告がウザいと言われ続け、なかなか効果にもつながらなくなってきています。そんなネット広告の"文化"を見直すときかも、と書かれています。

アップルが次に狙うのはAR。2024年には18兆円規模の産業に

次期戦略を考える人へ。アップルはAR技術が今後の肝だと言っているようです。記事ではAR市場の可能性について触れられています。

【海外】定額でテレビ内容をそのまま放映。YouTube TV

海外のトレンドを抑えたい人へ。YouTubeでテレビが見れるように。日本にも数年後にやってくる可能性がありますが、日本の事情は特殊でAbemaTVもありますし海外企業は苦戦するのでどこまで実現できるかわかりません。

吉本興業「本気でSNS市場をとりにいく」に込められた必然的な戦略

吉本興業発、芸人をフルに起用したインフルエンサーマーケティングを、会社として実施することを発表。

スマホシフトとレイアウトとデザインが情報の印象に与える影響

日経新聞アプリの紙面ビューアーと電子版を比較して、レイアウトとデザインによって情報に対する印象が変わる、という考察記事です。分かりやすくておもしろい内容です。

郵便局で格安スマホ販売。2月24日から全国へ

スマホの市場シェアが気になる方へ。郵便局で格安スマホ販売、全国に拡大へ。IIJと日本郵便が協業して販売していきます。

【プレミアム】未来はすでに来ていた!ウェアラブル業務活用事例と企業間コラボ(4)

10年以上前からウェアラブルデバイスの業務利用に着目し開発を続けてきた村田機械株式会社。マテハン分野において世界規模の売上を誇る村田機械がなぜウェアラブルに取り組んだのか?ウェアラブルの「今」を聞いてきました。全4回連載の最終回は「ふたたび脚光をあびるSCM。ECや小売は「物流に勝機あり」」です。

【プレミアム】未来はすでに来ていた!ウェアラブル業務活用事例と企業間コラボ(3)

10年以上前からウェアラブルデバイスの業務利用に着目し開発を続けてきた村田機械株式会社。マテハン分野において世界規模の売上を誇る村田機械がなぜウェアラブルに取り組んだのか?ウェアラブルの「今」を聞いてきました。全4回連載の3回目は「新規ビジネスは市場のパイを一番に考える。得意分野で顧客に新しい価値を提供」です。

テクノロジーを「ひと」のために -アクセンチュア調査レポートより-

毎年アクセンチュアがまとめている調査レポート「テクノロジービジョン」。2016年は「主役は”ひと”」。2017年は「”ひと”のためのテクノロジーの出現を予測」。テクノロジーがどう世界を変えていくのか?わたしたちにどう影響してくるのか?これからを語るネタのひとつとして読んでおきましょう。

【プレミアム】未来はすでに来ていた!ウェアラブル業務活用事例と企業間コラボ(2)

10年以上前からウェアラブルデバイスの業務利用に着目し開発を続けてきた村田機械株式会社。マテハン分野において世界規模の売上を誇る村田機械がなぜウェアラブルに取り組んだのか?ウェアラブルの「今」を聞いてきました。全4回連載で2回目は「ARとVRの違いとウェアラブル業務活用に至るまで」です。

【プレミアム】未来はすでに来ていた!ウェアラブル業務活用事例と企業間コラボ(1)

10年以上前からウェアラブルデバイスの業務利用に着目し開発を続けてきた村田機械株式会社。マテハン分野において世界規模の売上を誇る村田機械がなぜウェアラブルに取り組んだのか?ウェアラブルの「今」を聞いてきました。全4回連載で1回目は「スマートグラスの業務活用事例と企業間コラボ」です。