記事一覧未来技術

自動翻訳イヤホンがいよいよ発売される(日本未対応)

外国語が苦手な人へ。とうとう自動リアルタイム翻訳イヤホンがGoogleから登場。ドラえもんのような世界です。

【プレミアム】AI導入は企業に何をもたらすのか?今何を考えておくべきか?第2章

もはやバズワード化している「AI」という言葉。 「人間を凌駕する機械」的な意味で漠然と語られ、施策に人工知能を用いることの意味や意義が曖昧な場面も見られます。大事なことはAI導入から期待される結果、そしてその目論見です。第2章は【AIによる効率化論とともに語られる人材論】について。

【プレミアム】AI導入は企業に何をもたらすのか?今何を考えておくべきか?第1章

もはやバズワード化している「AI」という言葉。 「人間を凌駕する機械」的な意味で漠然と語られ、施策に人工知能を用いることの意味や意義が曖昧な場面も見られます。大事なことはAI導入から期待される結果、そしてその目論見です。第1章は【AI導入は企業に何をもたらすのか?今何を考えておくべきか?】について。

GoogleのVR対応の連作ビデオ(YouTube)。モデルのクローゼットに侵入

VRや動画での訴求に興味のある方へ。Googleは自社のVR端末Daydream用の仮想現実ビデオシリーズで、人気コンテンツを探ろうとしています。今回はスーパーモデルのクローゼット紹介。動画の可能性について確認できるビデオです。

Google アシスタント、ユーザーがお話しする相手は「グーグル」

Google アシスタントが気になっている方へ。Android 6.0 または 7.0 のスマートフォンで利用できるようになった日本語版「Googleアシスタント」。元記事はGoogle アシスタントの開発者インタビューです。

ジャーニーマップが、今後の技術投資の指針であり、答えです

Adobeによる「DXP」第一人者へのインタビュー記事です。DXPはなにか、という用語に興味を持って読み進めると、デジタルマーケティング全盛の時代に起きている課題と、その先に向かうべき指針が細かく言及されています。

IoTデータ売買市場が2020年に日本に登場

データ売買に興味がある人へ。日本では裏取引になりがちなデータ売買ですが、製造業、IoTに関しては欧州に先駆けて市場を作ろうとしています。 しかし課題は山積みのようです。

中国で急速に進むスマホ決済

他国情勢に興味のある方へ。中国では乞食もQRコードで寄付を募っているという衝撃の写真が紹介されています。

Googleのフェイクニュース(偽ニュース)対策とは

SEOとGoogleの最新動向が気になる方へ。Googleが「評価方法の改善」と「検索アルゴリズムのアップデート」を実施しました。その理由のひとつがフェイクニュース(偽ニュース)対策。

ロボネコヤマトが自動配送の実験を開始

ECサイトに関わる人へ。自動配送のロボネコヤマトが神奈川県藤沢市で実験開始です。話のネタに

アップルが次に狙うのはAR。2024年には18兆円規模の産業に

次期戦略を考える人へ。アップルはAR技術が今後の肝だと言っているようです。記事ではAR市場の可能性について触れられています。

【プレミアム】未来はすでに来ていた!ウェアラブル業務活用事例と企業間コラボ(4)

10年以上前からウェアラブルデバイスの業務利用に着目し開発を続けてきた村田機械株式会社。マテハン分野において世界規模の売上を誇る村田機械がなぜウェアラブルに取り組んだのか?ウェアラブルの「今」を聞いてきました。全4回連載の最終回は「ふたたび脚光をあびるSCM。ECや小売は「物流に勝機あり」」です。

【プレミアム】未来はすでに来ていた!ウェアラブル業務活用事例と企業間コラボ(3)

10年以上前からウェアラブルデバイスの業務利用に着目し開発を続けてきた村田機械株式会社。マテハン分野において世界規模の売上を誇る村田機械がなぜウェアラブルに取り組んだのか?ウェアラブルの「今」を聞いてきました。全4回連載の3回目は「新規ビジネスは市場のパイを一番に考える。得意分野で顧客に新しい価値を提供」です。

【プレミアム】未来はすでに来ていた!ウェアラブル業務活用事例と企業間コラボ(2)

10年以上前からウェアラブルデバイスの業務利用に着目し開発を続けてきた村田機械株式会社。マテハン分野において世界規模の売上を誇る村田機械がなぜウェアラブルに取り組んだのか?ウェアラブルの「今」を聞いてきました。全4回連載で2回目は「ARとVRの違いとウェアラブル業務活用に至るまで」です。

【プレミアム】未来はすでに来ていた!ウェアラブル業務活用事例と企業間コラボ(1)

10年以上前からウェアラブルデバイスの業務利用に着目し開発を続けてきた村田機械株式会社。マテハン分野において世界規模の売上を誇る村田機械がなぜウェアラブルに取り組んだのか?ウェアラブルの「今」を聞いてきました。全4回連載で1回目は「スマートグラスの業務活用事例と企業間コラボ」です。