記事一覧チャンス

2017年流、嫌われない最新の広告手法とは?

広告を嫌われものと考える人へ。LINEの上級執行役員田端氏が、2017年における広告の捉え方を語っています。

総務省・統計局の「統計ダッシュボード」がすごい

マーケティングに関わっている方へ。5月12日に公開された総務省・統計局の「統計ダッシュボード」。国や民間企業等が提供している主要な統計データが分かりやすくグラフ化されています。

Bootstrap以外にもある。軽量・シンプルなCSSフレームワークまとめ

Web制作の効率化を考えている方へ。チェックしておきたいCSS軽量フレームワークのまとめです。

【プレミアム】ドローン空撮でキャンプ場予約に差別化とインパクトを。『Campism(キャンプイズム)』酒井さんインタビュー(3)

「認知度を上げるための情報サイト」は多いが、「実際のキャンプしている姿をイメージできるサイト」は少ない。キャンプ場の魅力の伝え方を工夫することで、新しい顧客が開拓できるのでは。サイト運営において「人」を意識した繋がりが大切であることを改めて感じます。

女子大生がGoogleではなくインスタで探してメルカリで購入する理由とは?

マーケティング担当者へ。若者がメルカリで購入するにはサポートなどの正当な理由があるようです。Googleは時代遅れになるかも知れません。

森岡毅氏から学ぶ、危機感とビジネスパーソンとしての自律性と執念を持つこと

自身のキャリアやスキルアップに悩んでいる方へ。USJを破綻寸前から奇跡のV字回復させたトップマーケター森岡毅氏のインタビュー記事です。

【プレミアム】ドローン空撮でキャンプ場予約に差別化とインパクトを。『Campism(キャンプイズム)』酒井さんインタビュー(2)

「想いがメディアを創り動かす。」Campismはまさにその代名詞。キャンプ場の素晴らしさをリアルに伝えたいという想いから培ったドローン空撮技術についてお話ししていただきました。

【プレミアム】『サイボウズ式』編集長 藤村さんの社内を巻き込むコミュニケーション仕事術 第6話

連載6回目は『藤村編集長のスケジュール管理・ツール活用術と採用への影響』についてです。編集の精度とスピードを上げるために、藤村さんが実施されていることやツールについても教えていただきました。メディアの評価基準の一つが「採用への影響度」でもあったようです。ブランドを一貫して通す『サイボウズ式』から多くのことを学べます。

「質の高い顧客の獲得、醸成」というハードルを越える為の秘訣とは

「量」よりも「質」を求めることで、優良顧客を獲得できる成果に繋げられることが挙げられます。そのために、必要なツール活用を本記事内では取り上げています。

Google、プロ仕様のイラストが誰にでも描けるツールを公開

全ての人へ。デザインを劇的に早くする機能がGoogleから登場しました。手書きの図を提案書レベルの図になおしてくれます。

【プレミアム】『サイボウズ式』編集長 藤村さんの社内を巻き込むコミュニケーション仕事術 第5話

連載5回目は『サイボウズというブランドのつくり方 – 予算とSNS活用』についてです。メディア戦略に限られた予算をどう使うべきか、悩まれている読者の方も多いのではないでしょうか。また、ブランドを拡く認知させるための記事構成やSNS活用についても、サイボウズ式ではルール化されて取り組まれていました。ぜひご覧ください。

アジア圏共通のオープンソースフォント『源ノ明朝』リリース開始!

Webにおける書体に革命を起こしたビッグプロジェクト、始動。アジア圏共通のオープンソースフォント『源ノ明朝』がリリースされ、反響を読んでいます。

【プレミアム】『サイボウズ式』編集長 藤村さんの社内を巻き込むコミュニケーション仕事術 第4話

連載4回目は『編集でブランドを導くための「コツ」と「アイデア」』についてです。メディアは一人の力では作れません。チームが成り立ってこそですが、一人ひとりの個性をまとめて社のブランドとして発信することは一筋縄ではいかないはずです。サイボウズ式にはそのバランスを保つための編集術とマインドがありました。

30億円調達した料理レシピサイト「kurashiru(クラシル)」とは?

コンテンツサイトは飽きたと思う方へ。2015年に始まった新興のメディアサイト「クラシル」が30億円を調達したことを伝える記事です。人を惹きつけるのはいつの時代も(広義の)コンテンツであることが学べます。

【プレミアム】『サイボウズ式』編集長 藤村さんの社内を巻き込むコミュニケーション仕事術 第3話

連載3回目は『メディアのビジョンを軸にした「コンテクスト」と「編集」』についてです。メディアを通してさまざまなインタビューを実施されたり、アイデアを発信し続けられている『サイボウズ式』。そのコンテンツに一貫して感じる「コンテクスト」は、どのようにして作られ守られるのか、事例とともにヒアリングしました。