記事を出せばだすほど記事単体では99.9%の確率で赤字 FavoriteLoadingあとで読む

: こだま
メディア運営のこれからを考えている方へ。元記事はアプリマーケティング研究所さんへのインタビュー記事です。タイトルの付け方やビジネスモデルなどかなり詳しくインタビューされているのでおもしろく勉強になります。

media_lossgo

画像:Pixabay

なぜインスタは「キラキラ専用空間」ではなくなってしまったのか? 女子大生が語るインスタに起きている変化と、SNSで「着物の価値」が上がった理由。」の記事など、はてブでもよく話題になるアプリマーケティング研究所。おもしろく興味深い記事がとても多いサイトですよね。

そのアプリマーケティング研究所へのインタビュー記事です。
タイトルのつけ方・イラスト挿入の効果、ビジネスモデル・差別化戦略など、かなり詳しくインタビューされていて参考になります。

ただ、紙の雑誌の人たちが本格的にネットのほうに流れてくると、一気に競争率が高くなると思います。すげえ編集者の人たちがいるから殺されちゃう。そういう危機感が常にあるので、頑張って書く力をあげようと意識しています。

これはウェブ通も含め、Webメディアに取り組んでいるみなさん、感じていらっしゃることかもしれません。

「記事を書くほど単体では赤字になる」アプリマーケティング研究所の方に、運営の苦労、収益モデル、タイトルの決め方など、いろいろ教えてもらいました。 – うめのんブログ

こだま
この記事を書いた人: こだま

ウェブ担当者通信事務局スタッフです。
住宅営業からIT営業へと営業畑を13年歩んだあと、お金の勉強をするためファイナンシャルプランナーの資格を取ったはずが縁あってウェブ担当者となり今に至ります。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください