ほめて伸ばす派?それとも叱って伸ばす派? FavoriteLoadingあとで読む

: こだま
野球の名将たちから学ぶ「怒り」のマネジメントについてです。ウェブマネジャーで部下をどう育てたらいいのかに悩んでいる方に参考になるかもしれません。

画像:Pixabay

アンガーマネジメント、という言葉をご存じでしょうか?

イライラなど怒りの感情(アンガー)と上手に付き合い(マネジメント)、ポジティブに使っていこうとする取り組み

だそうです。
名将・川上哲治さんの言葉によると

<「怒る」は感情的になって腹を立てることだが「叱る」は声荒くとも愛情に基づいた戒めだ>と<叱ることが教育の原点>

また、名監督・仰木彬さんは<叱るよりほめろ>として有名です。

みなさんは部下を育てるとき、ほめて伸ばす派ですか?それとも叱って伸ばす派ですか?

ウェブマネジャーで部下をどう育てたらいいのかに悩んでいる方に参考になる記事です。

ほめるか、叱るか――「怒り」のマネジメント― スポニチ Sponichi Annex 野球

こだま
この記事を書いた人: こだま

ウェブ担当者通信事務局スタッフです。
住宅営業からIT営業へと営業畑を13年歩んだあと、お金の勉強をするためファイナンシャルプランナーの資格を取ったはずが縁あってウェブ担当者となり今に至ります。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください