LINE MARKETING LINEを集客と販促に活かす本 FavoriteLoadingあとで読む

: 事務局

LINE MARKETING LINEを集客と販促に活かす本 心をくすぐるLINEのヒミツがわかる!

  • マーケティング
  • ソーシャル

LINE MARKETING

LINEを集客と販促に活かす本―心をくすぐるLINEのヒミツがわかる!

  • 売り上げアップのノウハウ満載!
  • キャンペーンで300%の効果!
  • マーケティングに活かすLINEの実力がよくわかる!

著者:武井一巳・前屋毅

出版社:秀和システム

発売日:2014/04/09

詳細ページへ移動します[秀和システム]


どんな人におすすめですか?

企業、とくに中小企業や個人商店、店舗、ショップなどで働くビジネスパーソン。

とくに販促や新しいマーケティングを模索し、SNS時代にどう商品やサービスを販売していくかを考えている多くの企業人。

今まで関連本・類似本、もしくは業界に対して疑問に思っていたことは?

LINEという新しいサービスが登場し、あっと言う間に世界中で多くのユーザーを獲得しました。

そのLINEは、一般ユーザーだけでなく企業にも使われはじめており、しかもLINEの特質を活かした新しいマーケティングのツールとして活用されています。
企業、とくに中小企業がマーケティングのためにLINEをどう使い、どう活用していけばいいのか、それらのノウハウを解説している書籍はほとんどありません。

本書ではその点に注目し、多くの活用事例を取材して、LINEという新しいツールをマーケティングに活かす方法を解説しました。

今回の書籍で解決したかったことや、書籍企画の狙いはなんですか?

LINEが企業向けに提供している「@アカウント」とは、どのようなものなのか、これを始めるにはどうすればいいのか、この@アカウントをどう活用すればマーケティングや商品、サービスの販売促進に役立てることができるのか、それらを豊富な事例を紹介しながら解説しました。

今回の書籍で、特に届けたいノウハウを一つだけピックアップして具体的に教えてください

LINE@アカウントは、始めれば必ず成果が出る、というものではありません。

何よりも継続が必要で、しかも効果的で”正しい”運営が必要です。また、LINEだけで完結するのではなく、他のSNS、FacebookやTwitterなどと並行して運用し、自社のサイトを充実させることも必要です。

これらのWebやSNSを連携するノウハウを駆使して、自社の独自のノウハウを確立してください。

Part.1 LINEキャンペーンで300%の効果が出た!

日本生まれのサービスが世界を席捲
一気に三億人を突破したSNSのビジネスへの潜在力
LINEをビジネスにどう仕掛けるか?
ターゲットは若い世代や女性! 急速に進化するLINEのビジネス活用に乗り遅れるな!
驚きのスタンプ・ダウンロード数 ─ キリンビバレッジ株式会社
LINEは強力なツールだが、クリアすべき問題点もある
一店舗で一日三〇〇枚のLINE効果 ─ 株式会社ローソン
友だち数を激増させる無料配布スタンプ
親しく語りかけるキャラクターが顧客を店舗に誘導してくれる
圧倒的なブランド好意度を、さらに引き上げるツール ─ 日本コカ・コーラ株式会社
スタンプの配布はタイミングを見計らうことが重要だ
スタンプの利用はイベント当日に急増する
メッセージを流したその日に反応が集中するのもLINEの特徴
古い百貨店から新しい百貨店へと変貌させる強力なツール ─ 株式会社大丸松坂屋百貨店
新規顧客の取り込みのきっかけとなったスタンプの無料配布
「LINE+魅力的なコンテンツ」が店に顧客の足を運ばせる
小さな企業でも絶大なLINE効果──うどんミュージアム
無料招待企画の第二弾で行ったさらなる効果的な工夫
LINEでのコミュニケーションが新たなリピーターを増やす ─ いしがまやハンバーグ横浜PORTA

Part.2 ビジネスLINEの始め方

LINEの基本とアプリのインストール
LINEアカウントを設定する
LINEの様々な機能を使う
公式アカウントとLINE@との違い
LINE@アカウントは中小企業や店舗、ショップで利用するのが最適だ
LINE@アカウントの取得
管理者の登録とメッセージ配信
LINEをマーケティングツールとして使う ― LINE活用のメリット
確実に読まれるLINEのメッセージの仕組み
友だち登録のための工夫と考え方
ビジネスに活かすLINE戦略
テレビCMより効果が高い宣伝ツール
友だちを獲得するためのノウハウ
友だち獲得のためのキャンペーン
トークとホーム、タイムラインの違いを意識する
コミュニケーション機能を活用する
企業ホームに集約する“お得”情報でLINEが動く!
定期的なお得情報をホームに投稿
企業タイムラインで進む情報提供とコミュニケーション
スモールビジネスにこそ最適なLINE@

Part.3 LINEユーザーの“購買心をつかむ”情報公開ノウハウ

SNSでビジネスを展開するキーポイントとは
LINEのビジネス利用は他のSNSとどう違うのか?
ユーザーを“その気にさせる”情報の提供とその効果的な更新頻度
更新は週一回がベスト!?
リーチ率を高くするトーク内容と流すタイミング
毎日の配信が待たれる“届く”トークもある!
スタンプやクーポンが情報リーチを加速させる
トークに写真を混ぜるだけでリーチ率が高まる
クーポンの効率的な利用方法とは
自由に発行できるクーポンはアイデア次第だ
効果的なキャンペーンの進め方
友だち登録を増やすための効果的ノウハウはこれだ!
LINE流の“お得感のある”プレゼント企画とは
複数の手段を駆使して相乗効果を上げる
営業スケジュールだけでも“情報”になる!?
情報のスピードとタイミングが命
月曜より週末を狙え!?
配信時間帯で内容を使い分ける
配信NGのメッセージもある
ECサイトへの誘導はPRページを活用しよう

Part.4 LINE@アカウントでのホームの活用と実践ノウハウ

SNSでコミュニケーションをとるコツ
コミュニケーションが深まるホーム画面をうまく活用せよ
ホーム画面の設定とプロフィールの重要性
プロフィールの登録で自社の「顔」がわかる
LINE@ナビでアカウントを宣伝する
LINE@ナビページにはショップの「特徴=検索キーワード」を掲載しよう
LINE@アカウントの告知手段を工夫しよう
複数のSNSでLINE@アカウントを広める
ツイッターの活用とLINEとの連携
日ごろのコミュニケーションがフォロワーを増やす
フェイスブックでファンを集める
フェイスブックページの作成は難しくない
フェイスブックページをどう周知させるか
ホーム画面での顧客との交流術
こんなメッセージの投稿が顧客への訴求力を高める
タイムラインでのメッセージの共有機能の効用
管理画面を有効に利用してコミュニケーションを深める

Part.5 マーケティングツールとしてのLINE

SNSは諸刃の剣
他社が乗り出す前こそ効果がある!!
LINEを知らなければ「いま」のビジネスはない!
ブランディングに最適なLINE
キャンペーンはどの対象年齢に向けるかでやり方が変わる
LINEは若者だけのものではない
地域密着型のタイミングのいいキャンペーン利用が売上増につながる
タイミングのよい告知とは?
ピンポイントのメッセージ発信で次々と効果を上げる
メッセージの開封率と効果との関係をよく考えよう
嫌われやすいメッセージもある
伝わる情報とメッセージの書き方
人と人とのつながりこそがビジネスを促進する
コストパフォーマンスを引き出す導入時の工夫
LINEを制すれば他のSNSも効果を上げる
SNS新たなサービスにもアンテナを向けよう
LINEは顧客サービスのプラットフォームになる!
LINEマーケティングに、正解はない!

出版社:株式会社 秀和システム

1981年設立の出版社。主にコンピュータ関連書やビジネス書などを出版。入門者を対象とした「はじめての~」シリーズなどが有名。グループ企業には株式会社マウスコンピューターなど、ソフトウェア・コンピュータ用周辺機器の開発・販売も行う企業がある。

続きはプレミアムメンバー限定(有料)です。


プレミアムメンバーとは

事務局
この記事を書いた人: 事務局

「ムダな情報で頭脳を消耗することなく考える時間を確保する」
ウェブのノウハウだけに限らず、広告やマーケティング全般の知識、時には組織論や時事に至るまで、最先端や未来予測などみなさんにとって本当に必要な情報だけをお届けします。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください