Facebookに続いてGoogleも仮想通貨の広告を禁止 FavoriteLoadingあとで読む

: こだま
仮想通貨に関連した事業を行っている方へ。Facebookに続いてGoogleも仮想通貨の広告掲載取りやめを発表しました。

Facebookに続いてGoogleも仮想通貨の広告を禁止

画像:ピクトアーツ

米Googleは仮想通貨に関連する広告を6月から掲載しないことを発表しました。

最近よく耳にするICO(Initial Coin Offering、仮想通貨技術を使った資金調達)も禁止対象に含まれているようです。禁止される項目は以下に引用します。

・バイナリーオプションおよび類似製品
・仮想通貨関連コンテンツ(ICO、仮想通貨交換所、仮想通貨ウォレット、および仮想通貨取引のアドバイスを含みこれらに限定されない)

1月にはFacebookが仮想通貨関連の広告掲載を行わない方針を発表して、それに続くGoogleの発表です。

この対応は仮想通貨関連で、詐欺まがいの取引が増えていること、マネーロンダリングなどの不正事件が起こりやすいことなどの社会的な問題が背景にあるようです。

Google、仮想通貨の広告を全面禁止へ | TechCrunch Japan

こだま
この記事を書いた人: こだま

ウェブ担当者通信事務局スタッフです。
住宅営業からIT営業へと営業畑を13年歩んだあと、お金の勉強をするためファイナンシャルプランナーの資格を取ったはずが縁あってウェブ担当者となり今に至ります。


INFORMATION
6/28(木)恵比寿で座談会を開催。トップリーダーの床尾さん、丸山も参加。
現場かディレクターか、はたまた独立か。ウェブ担当者のキャリア、みんなどう考えてる?
耳を傾けているだけでも、そのヒントが見つかるかもしれませんよ。

※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください