サイト全体のHTTPS化、2018年7月までに対応したほうがユーザーは安心です FavoriteLoadingあとで読む

: こだま
サイト全体のHTTPS化対応をいつするか決めかねている方へ。2018年7月に公開が予定されているGoogle Chrome 68からHTTPS対応していないサイトのURLアドレス欄に「保護されていない通信」のラベルが表示されます。

サイト全体のHTTPS化、2018年7月までに対応したほうがユーザーは安心です

画像:pixabay

2018年7月に公開が予定されているGoogle Chrome 68から、HTTPで通信している全サイトに対して「保護されていない通信」のラベルをURLアドレス欄に表示することを、Googleは先日発表しました。

現バージョンのchromeでは、HTTPS対応していないサイトではiマークがURLアドレス欄に表示されており、入力フォームがあるページがHTTPS対応をしていない場合には「保護されていません」のラベルが表示されています。

Chrome 68以降では、HTTPS対応していないサイトではフォームありなしに関わらずすべてのページで「保護されていない通信」のラベルが表示されることになります。

iマークだけなら気づかないユーザーもいると思います。でも日本語ではっきりと「保護されていない」と書かれると、このサイト大丈夫?と不安に思うユーザーも多いと思います。
訪問してくれたユーザーに安心してサイト内を回遊してもらうために、まだHTTPS化されていない方は2018年7月までに対応を考えた方がいいかもしれません。(ウェブ通もです。はい。)

遂に来た!通信が安全ではないことを示す警告をすべての非HTTPSページにGoogle Chromeが常に表示。2018年7月リリースのバージョン68から | 海外SEO情報ブログ

こだま
この記事を書いた人: こだま

ウェブ担当者通信事務局スタッフです。
住宅営業からIT営業へと営業畑を13年歩んだあと、お金の勉強をするためファイナンシャルプランナーの資格を取ったはずが縁あってウェブ担当者となり今に至ります。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください