改正割賦販売法、ECサイトの対応は2018年3月まで FavoriteLoadingあとで読む

: こだま
ECサイト運用をしている方へ。改正割賦販売法への対応、ECサイトは2018年3月までに対応しなくてはなりません。対策漏れがないか確認しておきましょう。

改正割賦販売法、ECサイトの対応は2018年3月まで

画像:unDraw

2018年もさまざまな法改正があり、ウェブ担当者のみなさんの中には法規制への対応に追われている方もいらっしゃるかもしれません。
そのひとつが2018年5月~6月頃に施行予定の、クレジットカードでの買い物に関する法律「割賦販売法」の改正です。

対面決済の対応は2020年3月までなのですが、ECサイトを運営する企業では2018年3月までに対応しなくてはなりません。
対応できていない場合、最悪のケースではクレジットカード取引停止になる可能性があります。

ECサイトでは大きく2つの対策が必要です。

カード情報の非保持化またはPCI DSS準拠

・自社内でカード情報を保存していなくてもシステム内部で処理や伝送をしているケースがあるため、要確認

・カード情報の取り扱いを外部にアウトソースしている場合には管理義務が発生

なりすましなどの不正使用対策

・クレジットカード利用時に通知メールを出すなど、多面的・重層的な不正使用対策が求められている

クレジット取引セキュリティ対策協議会が公開している「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画2017」を確認して対策漏れがないか確認しておきましょう。

カード決済はこう変わる – 間違い多発?落とし穴の多い改正割販法対応:ITpro

こだま
この記事を書いた人: こだま

ウェブ担当者通信事務局スタッフです。
住宅営業からIT営業へと営業畑を13年歩んだあと、お金の勉強をするためファイナンシャルプランナーの資格を取ったはずが縁あってウェブ担当者となり今に至ります。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください