ラックが提供する無料のセキュリティ自己診断サービス「自診くん」 FavoriteLoadingあとで読む

: こだま
PCやスマホのセキュリティが心配な方へ。セキュリティサービス会社・株式会社ラックが、無料でセキュリティ自己診断サービス「自診くん」を開発・提供を開始しています。

ラックが提供する無料のセキュリティ自己診断サービス「自診くん」

画像:ラックが提供する無料の自己診断サービス「自診くん」 | 株式会社ラック

セキュリティサービス会社・株式会社ラックが、無料でセキュリティ自己診断サービス「自診くん」を開発・提供を開始しています。
自診くんは、サイバー攻撃に悪用される恐れのある通信が可能かどうかをブラウザーからチェックすることができます。

さっそくやってみました。

ランサムウェア攻撃の穴となるTCPポート445番、「SKYSEA Client View」の攻撃耐性、インターネットからの直接接続を許可すべきではないTCPポートが空いていないか、をチェックしてくれます。
診断結果はすべて問題なく安全な設定になっていました。

サービスを公開してから1週間たち、ラックが危険な設定状況について報告をしています。
これまでの診断結果からランダムに抽出した3000件に対してTCPポート139、445が解放されている割合が約3%ほどあったそうです。

気になる方はぜひ試してみてくださいね。

無料の自己チェック「自診くん」でネットの危険度を今すぐ確認! | LAC WATCH | 株式会社ラック

「自診くん」公開で見えてきた、引き続きWannaCryに注意が必要な理由 | LAC WATCH | 株式会社ラック

こだま
この記事を書いた人: こだま

ウェブ担当者通信事務局スタッフです。
住宅営業からIT営業へと営業畑を13年歩んだあと、お金の勉強をするためファイナンシャルプランナーの資格を取ったはずが縁あってウェブ担当者となり今に至ります。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください