HOME運営者執筆陣お問い合わせプレミアムメンバーログイン

Googleが品質の低いサイトの順位を下げるアップデートを発表

SEO狙いの短めの記事を量産していた人へ。Googleが2月3日に日本語検索結果のアルゴリズムをアップデートしたと公式発表しました。低品質なキュレーションメディアが狙い撃ちされているようです。

seo

画像:Pixabay

ITmediaが、SEO業界で有名な(ウェブ通講師もしてくれていた)辻さんの見解をいくつか掲載してくれています。

  • 特定サイトの一部ページだけに影響している(RETRIP、KAUMOなど)
  • 対象になった場合はページ自体の順位がさがる
  • まだ影響ははじまったばかり。対象サイトはもっと増えるかも

WELQの問題もあり、日本のGoogleがサイトを限定しながらメディアを選定しようとする表れとも考えられています。飛び先の記事では、上記のようなことが語られています。

キュレーションメディア“狙い撃ち” Google検索、アルゴリズム変更の狙い – ITmedia

日本語検索の品質向上にむけて -Googleウェブマスター向け公式ブログ

丸山 耕二
この記事を書いた人:丸山 耕二

ウェブ担当者通信の発起人。
株式会社ウェブジョブズ代表。
コンサルティングの他、ウェブ担当者教育などにも力を入れ、株式会社インプレスビジネスメディア社の運営するウェブ担当者フォーラムにて「誰もが受けたい!アクセス解析5 分クリニック」を連載。
著書に無料でできる! 世界一やさしいGoogle Analytics アクセス解析入門(秀和システム)


 

投稿アイコンを選んでください