相次ぐBIND脆弱性への攻撃、DNSサーバーを見直す FavoriteLoadingあとで読む

: ウェブ担当者通信事務局
2016年に相次いだBIND9の脆弱性を突いた攻撃。DNSサーバーをBINDで構築されている方は読んで脆弱性対策を考えておきましょう。

access-min

2016年に相次いだBIND9の脆弱性を突いた攻撃。DNSサーバーと言えばBINDで構築、というのが当たり前のようになっているほど代表的なDNSサーバーソフトウェアですが、Webサーバーへのアクセスができなくなることもあり他のDNSサーバーソフトウェアへの移行を検討している企業もあります。

ウェブ運用でもし別立ててDNSサーバーを立てている場合には注意しておきましょう。

新ITキーワード2017 – 「脱BIND」、脆弱性多数の代表的DNSソフトから移行を:ITpro
更新:DNS サーバ BIND の脆弱性対策について(CVE-2016-2776):IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

ウェブ担当者通信事務局
この記事を書いた人: ウェブ担当者通信事務局

「ムダな情報で頭脳を消耗することなく考える時間を確保する」
ウェブのノウハウだけに限らず、広告やマーケティング全般の知識、時には組織論や時事に至るまで、最先端や未来予測などみなさんにとって本当に必要な情報だけをお届けします。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください