広告効果を左右するのは「データ」と「クリエイティブ」 FavoriteLoadingあとで読む

: 事務局
様々なWeb施策を行っているけどなかなか成果が伸びない、もう打つ手がない…と悩んでいる方へ。ウェブ担当者通信による「集客○×診断モニター募集」をご紹介します。

考えられるWeb施策はやった、もう打つ手が思いつかない

  1. Webマーケティングの一環としてコンテンツを増やしてアクセス数は増えた。でもコンバージョンにつながらない。
  2. SEO対策としてサイト設計、カテゴリー設計を見直した。でも検索順位が大幅に変わらない。
  3. リスティング広告もFacebook広告もやっている。でも広告費ばかり増えて売上が伸びない。
  4. アクセス解析もしっかりやって改善ポイントを見つけて対策している。でも成果につながらない。
  5. いろんな施策をやっているけど顧客が増えない。だからビジネスとして伸び悩んでいる。

さまざまなWeb施策をやっているにもかかわらず、なかなか成果が伸びない、もう打つ手がない、と悩んでいるウェブ担当者の方は多いです。
自分たちだけで考えてアイデアを出し合って成果を出していこうとする企業はとても素晴らしいです。
でも、プロフェッショナルな第三者の意見を聞くことで視野が広がり、新しい観点で施策を考えることができるかもしれません。

 

広告効果をあげる、きちんとした「2つの設定」と正確な「データ」とは?

ビジネスを伸ばすためには、多くの新規顧客を獲得すること、と、リピーターに継続的に購入してもらうなど長いお付き合いをしてもらうこと、この2つが王道です。

しかし、新規顧客に目を向けて対策を打てているWebサイトが実は少ないんです。
たとえば、新規顧客獲得を目的としてリスティング広告を行っているサイトは多いと思いますが、その広告効果はCTR(クリック率)、CVR(コンバージョン率)、CPA(顧客獲得単価)など表面上の数値だけで判断していませんか?

実は、きちんとした「2つの設定」と正確な「データ」を取得して知ることができれば、どうすれば良いか判断することができて新たな改善施策を打つことができるんです。

やっておきたい2つの設定

管理画面側の設定
Googleアナリティクスの取得情報量が増え、分かることが増える。
Webサイト側の設定
Googleアナリティクスに送る情報を増やせるので、見えることが増える。

正確なデータを知ること

広告費の何割かを新規獲得用として割り当てるなどの対策が行え、本当に欲しいユーザーが広告で獲得できているのかなどが判断できる。そして、それに適した運用ができる。

 

新規顧客獲得のための集客○×診断

広告効果をあげてビジネス拡大を目指すためにはリスティング広告プレイヤーだけががんばる、というものではないんです。
正確なデータを取得して分析できる力も必要です。
また数多く表示される広告の中から興味を引いてクリックしてもらえ、ページに来てもらったあとに見てもらえてコンバージョンにつながるデザイン力も大切です。

そこで、ウェブ担当者通信では「リスティング広告」「アクセス解析」「デザイン」それぞれのプロフェッショナルが監修する「集客○×診断」サービスをリリースします。

本リリースに先駆けて、限定5社3社無料モニターを募集しています。
ウェブ担当者通信プレミアムメンバーもしくはメルマガe通信読者が対象です。

この機会にぜひプロフェッショナルな第三者の意見を聞いて視野が広げ、新しい観点で施策を考える参考にしてみてくださいね。

ox

新規顧客獲得のための集客○×診断
webtan-tsushin.com/monitor

 

DVD講座 はじめてでもここまでできるリスティング広告 DVD講座 はじでき初心者向けWebマーケティング講座

事務局
この記事を書いた人: 事務局

「ムダな情報で頭脳を消耗することなく考える時間を確保する」
ウェブのノウハウだけに限らず、広告やマーケティング全般の知識、時には組織論や時事に至るまで、最先端や未来予測などみなさんにとって本当に必要な情報だけをお届けします。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください