【プレミアム】アナリティクスサミット2017「意思決定への顧客分析」レポート FavoriteLoadingあとで読む

: 事務局
アナリティクスやデータ活用のトレンドが知りたい方へ。年に一回の最大級のアナリティクスイベントのレポートです。

 

ウェブ担当者通信の代表である丸山が「これは!」と思った優良セミナーを受けてきて、感想をお伝えするものです。内容については丸山の解釈が入りますので、間違っている部分があるかも知れません。もし内容を気に入ったり、より詳しいお話がお聞きになりたい場合などは、ぜひ著者・主催者のセミナーに参加されることをお薦めいたします。

画像:Pixabay

タイトル
アナリティクスサミット2017「意思決定への顧客分析」
開催日時
2017年4月20日(木)10:00-17:30
主催
アナリティクス アソシエーション
講師
1. キリン株式会社「キリンブランドのファンづくりとデータマネジメント」
2. 株式会社LIFULL「アナリティクスとデータで事業を加速させる」
3. 株式会社イー・エージェンシー「ウェブ接客・パーソナライズによる
高価値ユーザー囲い込み戦略」
4. 株式会社TSUTAYA「TSUTAYA 1to1マーケティングの推進
~データとUX、2つの視点で行う意思決定~」
5. 株式会社ビズリーチ「”One Bizreach” 組織を超えて実現するデータドリブンなグロース戦略」
6. 株式会社Ptmind「データが繋げるTeam Building ~ データを全ての働く社員へ ~」
7. オイシックス株式会社「『事業を成長させる指標』と『事業をダメにする指標』」
8. アクサダイレクト生命保険株式会社「個客データで決断するアクサダイレクト生命の
カスタマージャーニー戦略」
受講価格
9,800円

このセミナーについて

このセミナーに参加した理由

おなじみの毎年1回行われる、日本では最大規模のアナリティクスに関するセミナーです。現在のデータ分析のトレンドを把握し、お伝えするために参加してきました。

こんなセミナーでした

今年のテーマは「意思決定への顧客分析」という内容で、顧客を中心としたマルチデバイス、マルチチャネルの分析の話が多かったです。

しかし、じつは裏テーマとして、どの話にも共通していたのは「組織の壁」という話でした。

顧客を中心としたデータ分析を行うには、既存の組織構造を超えた連携が求められることが多く、実際に関わる人たちの拒否反応も予想されます。

各社その組織の壁をどのように乗り越え、どのように成果をあげてきたのか?という試行錯誤の結果、最終的にチームとして協調するとすごいパワーになったという事例も含め、とても興味深いお話が聞けました。

 

セミナー参加者の属性

280人の参加枠が満席でした。企業(事業者)の人が半分、業者側の人が半分でした。

セミナーメモ

  • データ活用には「組織全体の理解」が必須。
  • 全体の理解があったとしても、プロジェクト推進は一気には進まない。
  • 目的を見失った数値目標だけのKPIは失敗する。
  • 論理も大事だが、一人一人のロールプレイング(観察)もアプローチとしては有効

興味のある方はぜひ主催者のページをご覧ください。

続きはプレミアムメンバー限定(有料)です。


プレミアムメンバーとは

事務局
この記事を書いた人: 事務局

「ムダな情報で頭脳を消耗することなく考える時間を確保する」
ウェブのノウハウだけに限らず、広告やマーケティング全般の知識、時には組織論や時事に至るまで、最先端や未来予測などみなさんにとって本当に必要な情報だけをお届けします。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください